NEWS

2018/08/28社会貢献活動

アクセシブルホスピタリティ@白鳳館(SDGs Business Events)

8月28日(火)、八芳園でのSDGs Business Eventsの中で企画された、アクセシブルホスピタリティ@白鳳館にアゼリーボランティアスタッフ7人で参加して来ました。

当日は体験コーナーの中で、車いす体験と高齢者擬似体験を担当し、車いす体験では段差乗り降り・砂利道体験、高齢者体験では半身麻痺や白内障の疑似体験で段差の上り下りを体験して頂き、バリアを無くし、アクセシブルな社会を実現することは、高齢者・障がい者の為だけではなく、近い将来日本に訪れる(超高齢化社会への対応)でもあり、未来への投資でもあることを理解いただきました。又、ジョシュさんと、ロンドン・リオパラリンピック(パラ・パワーリフティング49Kg級)日本代表の三浦浩氏の、アクセシブルな社会実現の先に私たちが見据えるべきゴール、アクセシブルホスピタリティについてもトークセッションが行われました。 

SDGsとは?持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発に目標(MDGs)の後続として、2015年の国連サミットで採択された(持続可能性な開発のための2030アジェンダ)にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能性な世界を実現するための17ゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

最新情報一覧へ戻る

アゼリーグループ